【海外ニュース】わんこ、熊さんに買収される

2019年5月16日

ニロウです。

熊さんに買収されたわんこが話題に…ちょっと何を言っているかわからないかもしれないですが、文字通りそのまんまという驚くべき事件です。

意訳してご紹介します。

何か近づいてきたら、吠えて追い払う――夜うちのモフモフわんこにしてほしいのはたったそれだけの仕事なのに。簡単なことですよね?

ところがですよ。熊がお馬鹿なこのワンコを買収することを覚えてしまった。ゴミ漁りを認める対価として鹿の骨をもってくる。まただよ!これでもう三度目なんだが。

この驚きのツイートをしたのは @JesseNeon さん。3人のお子さん、愛犬Brick君とともに、カナダ・オンタリオ州の北部で生活しています。ある朝起きたJesseさん、捨てていたゴミが荒らされ、周辺が凄惨な状況になっているのを目にします。犯人は明らかにここに住む熊。とすれば番犬Brickくんは無事だったのか…。そんな不安に駆られたJesseさんの視線の先には、あったはずのない鹿の骨をペロペロと美味しそうに舐めるBrickくんの姿があったのでした。

職権の行使に関しては基本的にワンコに任せてたんだけど。でもどうすればこの職務を適切にこなせるのか、彼にはなんの心当たりもないってことが完全にはっきりしたよ。めちゃくちゃになったゴミ捨て場を掃除するハメになっただけならともかく、自らの利益を優先するワンコを姿を目にしなくてはならないとは。。。弾劾しなきゃ!それしかない!

Brick君はJesseさんの3人の子供たちに非常に優しい性格だそうです。ただ「熊にも優しいようだ」とJesseさんは嘆きます。

このJesseさんのツイートに様々な反応が。

あなたが十分お給料あげてなかっただけでは?

熊がもっといい条件を出してるんなら、文句をいう筋合いはない。それが資本主義です!

しかしまあ‥少なくとも彼らは交渉をしてる。犬熊関係の断絶が歴史的に深刻であったことを思えば、種族を超えた、大局的で偉大な業績と言えるじゃないかぃ…。

ひとつはっきりさせたいんだけど。熊って雑食じゃん。その熊が自分でしゃぶったっていい鹿の骨を犬にもってきたってわけでしょ。ゴミにありつくための料金として。ゴミを漁ればもっといろんな食事にありつけると知ってて。

それってさ…普通の熊より頭いいよね。


ツイートから5日経過した現段階で33万いいねがつくほどの話題になっているJesseさんのツイート。リプライの中にはBrickくんが熊に襲われてしまわないか心配するものも当然あるのですが、Jesseさんによるとその心配はないようです。

自分の連投のせいでツイッターの通知をオフにしないといけなくなったんだけど、最後にひとつ皆さんにお知らせしておきますね。ここ北部オンタリオでは熊というのは迷惑な存在ではあっても、普通危険な存在ではありません。つまりBrickが食べられてしまう心配はないわけです。もし危険だったら外で寝させたりはさせてないでしょう。

Brickくんは冷たい地面の上で寝るのを好むそうで、それで自ら外で寝たがるんだそうです。そしてオンタリオの熊は日本人もイメージするような凶暴さを持っていない熊だそうで、Jesseさんによると熊が鹿を襲ったという話も聞かないそう。Jesseさんは鹿の骨もどこかにある死骸からもってきたのだろうと推測しています。

熊が賄賂を贈ったというその話自体も耳目を集めるものですが、JesseさんとBrick、Brickと子どもたちの温かい関係や、カナダにおける人と自然の近さまでもが伝わってくる、いろんな魅力に詰まった話題でした。